ITママの Run Run Sapix

アルファベットゆるふわ男子の2021年中学受験を見守るブログ。

キッザニアに行き損ねた話

にほんブログ村 にほんブログ村へ

会社の先輩が、都民の日にお子さまを連れてキッザニアに行った話をしていて

あっ・・・うち、キッザニア行き損ねた・・・!!

と気づきました(;´Д`)

 


キッザニアでは、ピザやさんや宅配便など、いろいろな職業を子供が体験することができるのだそうです。それぞれ本格的な衣装も用意されているので、エプロンをつけたふわふわボーイがソフトクリームを巻いている姿などをバシバシ写真に撮りたい人生でした。

 

 

いつも混んでるんだろうなぁと尻込みしているうちに時が経ってしまい、ボーイももう5年生。完全にシーズンを逃してしまいました。もう赤い帽子をかぶってピザを焼いたりなんてしてくれそうにないですし、逆に「ピザ焼くのたのしい! ぼく将来ピザ屋になる!!」とか言われても困惑します。

 

ママは「弁護士」とか「裁判官」とか「歯医者さん」とかやってほしいところですが、「ゲーム会社」くらいしか興味をもってくれなさそうだなぁ、なんて思いながらウェブを眺めていたら、なんと大人のキッザニアなんていう特別企画も過去にあったんですね。


 

こどものころに夢だった仕事に挑戦! だそうです。自分の夢とは全然関係ないですが、バナナハウスとかやってみたいな!


 

 

ボーイと同じで、実は私のこどものころの夢も、ゲーム会社でゲームを作ることでした。そのために大学では情報科学科に入学し、在学中に憧れのゲーム会社でテストプレイヤーのバイトをして、そこからローカライズ系の仕事で開発部に潜入成功し、何ヶ月か働いてうまいとこ新卒での内定ももらったところで提示されたお給料が他の IT系企業の初任給と比べてびっくりするくらい低くて、突然突きつけられた現実に戸惑って内定辞退したという苦い思い出がありました。

 

夢に向かって順調に進んでいても、それが「飯が食える仕事」ではないこともある。憧れの職業が、思い描いていたような仕事ではなかった場合に、耐えるにしろ他の道を歩むにしろ、気持ちを切り替えて前向きに進んでいけるような大人になって欲しいなと、ゲーム業界に憧れるピクセルボーイを見ていて思います。

 

 

ねこちゃんはモミモミするのが仕事だね!えらいね!

f:id:nyacha:20191010000021j:plain

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ
にほんブログ村