ITママの Run Run Sapix

アルファベットゆるふわ男子の2021年中学受験を見守るブログ。

第一回合格力判定サピックスオープンを自己採点

にほんブログ村 にほんブログ村へ

今日は、6年生の「第一回合格力判定サピックスオープン」の日でした!

これまではサピックスオープンは校舎で受験していたのですが、この度ようやく中学校会場での受験ができることになったので、初めて、サピックスの校舎以外でサピオを受験してきました。

今回選んだのは、自宅から1時間ちょっと離れたところにある中学校。今のところ受験する可能性のある一番遠い学校がそれくらいの距離になるはず、という基準で選びました。

 

ボーイを現地に送り届けたあと、4時間近くをどう過ごそうかと思案した結果、安直な解決策としてネットカフェの3時間パック1200円で落ち着くことに。

f:id:nyacha:20200928000512j:image

硬い机と椅子で子供が難解な問題と向き合っている間に、リクライニングチェアに座って、ソフトクリームとポタージュを交互に食べている大人でごめん(;´Д`)  せっかく漫画が山ほどあるのに、暇つぶしのために持ってきた自前のニコリ(ペンシルパズルの雑誌)で2時間以上を費やしました。

 

大学時代にニコリと出会って、危うく卒業できないところでしたよ↓

パズル通信ニコリVol.172

パズル通信ニコリVol.172

  • 作者:ニコリ
  • 発売日: 2020/09/10
  • メディア: 単行本
 

 

 

さて、帰宅して採点してみたところ・・・

 

非常に微妙な結果でした(;´Д`)  

 

最近、マンスリーでも授業でも算数の調子がよかったので期待していたのですが、大問1の(1)から落とし、大問2は半分くらい落とす始末。普段は得意な理科も、今回は4科目で「完全に集中力が切れた」ところだったらしく、奮いませんでした。

ただ、全体的にイマイチな結果でありつつも、これまでは

算数 >> 国語
理科 >>>> 社会

のような理系に大きく偏る点数だったところが、

算数 ≒ 国語
理科 ≒ 社会
と、理系文系でほぼほぼ同等の点数になっていました。国語と社会が追い上げてきて、ある意味、四科のバランスがよくなってきた?

社会の点数が上がってきたのは、SSの単科で社会を受講したおかげかもしれません。保護者会では「面白いことは何もしません。地獄のように暗記をさせます」とおっしゃられていた SS社会担当の先生ですが、実際にはとても丁寧な授業で「きみたちはなんで社会で点が取れないのかわかるか? きちんと習ってなかったからだ」と言いながら、基本のキから教えてくださってます。

 

自己採点の点数をいつもの 99.9% さんのアンケートの集計表と照らし合わせてみると、全然平均点には届かず、まぁ、下位ボーイの普段の偏差値くらいになるかなと(;´Д`)

 

それでも今日は完璧な女優顔で「次も一緒にがんばろ!」と、ボーイを励ますことができましたので、次回に期待かな。

 

ただ、ボーイの志望校はサピオの合格判定では正確に出づらいレベルの学校なので、どこかのタイミングで四谷か首都模試を受けてみなければと思います。日曜日はほぼ SS で埋まっているので、12月あたりで考えています。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ
にほんブログ村